メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

アジア大会

「ジャカルタ五輪」に期待

 閉会式は国際的なスポーツの祭典を無事に終えた安堵(あんど)と自信にあふれていた。インドネシア選手団はアジア大会では過去最高の金メダル31個を含む計98個のメダルを獲得し、1962年以来の自国開催を終えた。運営トラブルは相次いだが、国内外の選手の活躍がスポーツに対する社会の意識を大きく変えたと感じる。

 インドネシアは、前回の仁川大会で獲得した金メダル4個を含む計20個のメダルを大きく上回り、金メダル…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文863文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 男子2位は「プリンス」服部勇馬 コース何度も試走、徹底した準備 MGC

  2. MGC STORY 鈴木亜由子「早熟」評価覆してくれた監督と集大成へ

  3. MGC STORY 前田穂南 芯の強さで台風の日も練習 補欠だった高校時代から才能大きく開花

  4. 男子1位は中村匠吾 愚直な努力家、2度のスパートで「4強」破る MGC

  5. 男子2位の服部、設楽の独走に「冷静でいられなかったが、自分の走りできた」 MGC

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです