メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アジア大会

「ジャカルタ五輪」に期待

 閉会式は国際的なスポーツの祭典を無事に終えた安堵(あんど)と自信にあふれていた。インドネシア選手団はアジア大会では過去最高の金メダル31個を含む計98個のメダルを獲得し、1962年以来の自国開催を終えた。運営トラブルは相次いだが、国内外の選手の活躍がスポーツに対する社会の意識を大きく変えたと感じる。

 インドネシアは、前回の仁川大会で獲得した金メダル4個を含む計20個のメダルを大きく上回り、金メダル…

この記事は有料記事です。

残り662文字(全文863文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. G20会場近くに煙玉 元大阪府警巡査部長を偽計業務妨害容疑で逮捕

  2. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

  3. ORICON NEWS 話題の漫画『死役所』、テレ東で初映像化 シ村役は松岡昌宏「ある種新しい境地」

  4. 磯部温泉 安中市、「恋人の聖地」に 「結び処」を設置、カップル呼び込め /群馬

  5. オアシスのとんぼ 輸出規制に反発するソウルの夏 「反日」ためらい「NO安倍」に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです