メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に/中 アジア地域の課題 社会参加の機会に

今年7月にジャカルタで開かれたアジアパラ競技大会のテスト大会。パラスポーツの普及を図り、本大会では大勢の観客を集められるか=ゲッティ共同

 10月にインドネシアで開催されるアジアパラ競技大会はパラスポーツを通じて誰もが暮らしやすい社会を築くとともに、選手の競技力向上につなげることが主な目的とされる。一方、欧米に比べ、アジア地域は障害者の社会参加に課題があり、大会開催への足音が近づくインドネシアも多くの課題を抱えている。【谷口拓未、飯山太郎】

 インドネシアは人口が世界第4位の約2億6000万人で経済的にも成長しているが、ハード、ソフト両面と…

この記事は有料記事です。

残り1760文字(全文1963文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新潮45 杉田氏擁護特集で社長コメント「常識逸脱した」
  2. 沖縄読谷 米兵、酔って民家侵入 高2長女、妹抱え逃げる
  3. プロ野球 中日・岩瀬、1000試合登板まであと2
  4. 北九州 マンションで女性4人死亡、自殺か
  5. 台湾 駐大阪代表が自殺 台風被害の関空対応で批判相次ぐ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです