メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に/中 アジア地域の課題 社会参加の機会に

 10月にインドネシアで開催されるアジアパラ競技大会はパラスポーツを通じて誰もが暮らしやすい社会を築くとともに、選手の競技力向上につなげることが主な目的とされる。一方、欧米に比べ、アジア地域は障害者の社会参加に課題があり、大会開催への足音が近づくインドネシアも多くの課題を抱えている。【谷口拓未、飯山太郎】

 インドネシアは人口が世界第4位の約2億6000万人で経済的にも成長しているが、ハード、ソフト両面と…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「小中学生は大外刈り禁止を」 中一の娘亡くした父がネットで発信 全柔連相手に賠償提訴も
  2. 大坂が日本勢初の決勝進出 全豪テニス
  3. ORICON NEWS 吉田沙保里さん、ファンの声で引退実感「肩の荷が下りた」 20年ぶりの市販薬の効き目に驚き
  4. 大坂なおみの肌を白く表現したPRアニメ  日清食品が削除し謝罪  米マネジメント会社も削除要請
  5. 大坂なおみ、世界ランク1位の条件 WTA公式サイトが伝える

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです