メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

FOCUS

パラ強化拠点、経路危険 来年完成予定・第2NTC 音声信号機・点字ブロックない場所も

第2NTC付近の点字ブロックなどを視察する日本パラリンピアンズ協会の河合純一会長(右)ら=2018年8月26日、高橋秀明撮影

 パラアスリートが優先的に利用できる国の強化拠点として建設中の第2ナショナルトレーニングセンター(NTC、東京都北区)について、周辺地域や最寄り駅からのルートに危険な地点があることが、日本パラリンピアンズ協会(河合純一会長)などの調べで明らかになった。第2NTCは2020年東京五輪・パラリンピックに向け、来年6月に完成予定だが、アクセス面での課題が浮き彫りになった。【高橋秀明】

 調査は先月26日、視覚障害や車いすユーザーの元選手らが参加して行われた。第2NTCから最寄りの地下…

この記事は有料記事です。

残り984文字(全文1224文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  2. 行政ファイル 金沢の飲食店で食中毒 /石川

  3. 即位礼正殿の儀 安倍晋三首相の寿詞全文

  4. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  5. なるか埼玉の新名物 蕨市の「わらび餅」 完成まで2年、こだわりの新食感

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです