メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

ボランティア募集、26日開始

大会ボランティア特設サイト

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は12日、ボランティアの募集を26日午後1時から開始すると発表した。インターネットの特設サイトで12月上旬まで受け付け、面接や研修を経て採用を決める。

     組織委が募集するのは会場内の案内や競技運営を支える8万人の「大会ボランティア」で、計10日間以上の活動を基本としている。

     また、東京都も26日午後1時から、都内の鉄道駅などで観光案内などを行う「都市ボランティア」を募集する。インターネットの特設サイトやファクス、郵送で12月5日正午まで受け付ける。19年ラグビーワールドカップ(W杯)日本大会の都内のボランティア経験者らを含む計3万人で、活動期間は5日間以上。

     ボランティアには、ユニホームや活動中の食事などの他、会場までの一定額の交通費が支給される。【村上正】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 今日から俺は!! “敵役”に城田優、中村倫也、須賀健太ら メインゲスト11人を一挙発表 
    2. 女の気持ち 定年を前に 埼玉県日高市・井上しず江(大学職員・64歳)
    3. 会津藩公行列 「ありがとなし…」綾瀬はるかさん手を振り
    4. 警察庁 40代女性警視がセクハラ被害 公務災害に認定
    5. 最年少町長3カ月 2児の母過疎地で奮闘「めげない」

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです