メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

長官鳥瞰

アジア大会 五輪に弾み=鈴木大地

鈴木大地スポーツ庁長官=長谷川直亮撮影

 インドネシアのジャカルタとパレンバンで行われていた第18回アジア大会が2日に閉幕した。日本選手団が獲得した金メダル数は、前回大会の47個から75個へと大幅に増え、種目数に対する獲得率は16・1%に達した。1964年東京五輪が約10%だったから、相当高い数字だ。

 夏季五輪の中間年に行われるアジア大会は、次回五輪の前哨戦に位置付けられている。私が出場した88年ソウル五輪の2年前に行われたアジア大会は、同じソウルで開催された。「アジアのタイトルを取ったうえで五輪に臨みたい」という気持ちで挑み、金メダルを取ることができた。今回の日本選手も、2020年東京五輪を2年後に控え勝負への執念や気迫に満ち、頼もしかった。

 視察した競技では、男女とも初の金メダルに輝いたホッケーや、48年ぶりに優勝したバドミントン女子団体…

この記事は有料記事です。

残り567文字(全文923文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  2. 街頭演説 麻生氏「人の税金で大学に」 東大卒市長批判
  3. 高校ラグビー 大阪第3地区は常翔学園に
  4. 社説 「イッテQ」にやらせ疑惑 うやむやでは済まされぬ
  5. ゆるキャラ GPは志木の「カパル」 注目の四日市は3位

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです