メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

長官と語る・2020への決意 スポーツ庁・鈴木大地 ホッケー女子主将・内藤夏紀、男子主将・山下学

アジアで頂点、自信に

 スポーツ庁の鈴木大地長官が東京五輪に向けてアスリートや指導者と語り合う「長官と語る 2020への決意」は、ジャカルタ・アジア大会でともに初優勝したホッケーの男女日本代表を迎えた。女子代表「さくらジャパン」の内藤夏紀主将(27)=ソニー=と男子代表「サムライジャパン」の山下学主将(29)=小矢部REDOX=らが、大会の舞台裏や強化の現状について長官と語り合った。【構成・田原和宏】

この記事は有料記事です。

残り2622文字(全文2823文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声
  2. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  3. 「女子はコミュ力が高いが20歳過ぎれば差がなくなるので男子を補正」 順天堂不適切入試
  4. 特集ワイド 道徳教材、透ける「押し付け」 中学教科書、開いてみると…
  5. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです