メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

金栗四三

初の五輪選手に脚光 1912年マラソン出場

ストックホルム五輪から帰国後、ユニホーム姿で撮影された20歳ごろの金栗=熊本県玉名市立歴史博物館こころピア提供

グリコのマークのモデル NHK大河の主人公にも

 東京五輪開幕まで2年を切り、日本人初の五輪選手だった金栗四三(かなくり・しそう)(1891~1983年)への関心が高まっている。正月恒例の箱根駅伝の創設に尽力し、大阪・道頓堀で有名なグリコのマークのモデルにもなった「日本マラソンの父」。来年1月には金栗を主人公の一人とするNHK大河ドラマが放送開始予定で、出身地の熊本も盛り上がっている。

 金栗は現在の熊本県和水町(なごみまち)生まれ。同県玉名市にあった旧制玉名中(現県立玉名高)を経て、…

この記事は有料記事です。

残り789文字(全文1032文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「合意があったと…」 性暴力問題の広河氏が手記 「責任回避では」と批判の声
  2. CBCテレビ 「水戸黄門」再放送終了へ 74年から通算6800回
  3. 引退「いつかは分からない 毎日その日を懸命に生きてきた」 イチロー一問一答
  4. イチロー、華麗な守備は健在
  5. コトバ解説 「死体」と「遺体」の違い

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです