メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セーリング

五輪本番へ試行錯誤 テスト大会

東京五輪のテスト大会として開幕したセーリングのワールドカップ。左上は江の島=相模湾で2018年9月11日午前11時2分、本社ヘリから佐々木順一撮影

 2020年東京五輪のテスト大会を兼ねたセーリングのワールドカップ(W杯)江の島大会が9~16日に神奈川県江の島ヨットハーバー沖で行われた。セーリングの国際連盟と日本連盟が主催した今大会は、競技運営自体に大きな支障はなかったものの、地元漁協との調整不足を露呈。さらにセキュリティー面の懸念が指摘されるなど、2年後の本番に向け、試行錯誤は続きそうだ。【倉沢仁志】

この記事は有料記事です。

残り803文字(全文983文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ボクシングの協栄ジムが活動休止へ

  2. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

  3. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  4. 道交法に「あおり運転」 即座に免許取り消し 警察庁方針

  5. HDD情報流出 逮捕の容疑者「転売目的で盗んだ」「中身は不明」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです