メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

64年の様子撮影、坪内さん 聖火の再来、心躍らせ 再来年4月12・13日、県内に 今度も良き思い出に /奈良

聖火リレーの写真を懐かしそうに見る坪内正人さん=奈良市で、大西咲子撮影

沿道に日の丸、沸く市民…

 2020年の東京五輪では、全国を巡る聖火リレーが同4月12、13日に県内にやってくる。1964年の東京五輪でも聖火は県内を巡ったが、どんな様子だったのか。当時、聖火リレーの様子をカメラに収めていた坪内正人さん(71)=奈良市=に、写真を見せてもらった。【大西咲子】

 県内で聖火リレーが行われたのは1964年9月27、28日。両日とも雨が降る中、高校2年生だった坪内さんはカメラを持って県庁前に出かけた。「奈良に聖火が来るのがとにかくうれしく、待ち遠しかった」。聖火リレーは当時、9月9日から4コースに分かれて全国を巡っており、新聞も連日大きく紙面を割いて…

この記事は有料記事です。

残り436文字(全文726文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「名古屋走り」不起訴から一転起訴

  2. 常勝ホークス作った王さん 「俺は本当に悔しい」深夜の激白から19年目の雪辱

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  5. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです