メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ボランティア、11万人確保へ熱いPR 組織委・都が募集開始「出会い、一生の宝」

大会ボランティアの活動分野

 2020年東京五輪・パラリンピックの大会ボランティア(8万人)の募集が26日午後、始まった。インターネットの特設サイト上から、応募フォームに入力して登録する。12月上旬まで受け付け、面接や研修を経て採用を決める。東京都も同日、都内の空港や駅で観光案内を務める「都市ボランティア」(3万人)の募集を開始した。【円谷美晶】

 同日は組織委と都の職員が都内3カ所で募集をPRするチラシを配った。競泳女子で五輪2大会に出場した組…

この記事は有料記事です。

残り543文字(全文753文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  2. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

  3. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  4. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  5. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです