メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

東京へのSTEP アジアパラを前に/下 日本、注目の選手たち メダル獲得、高まる期待

陸上男子中距離(車いすT52)の佐藤。アジアパラ大会を通過点に飛躍を期す

 アジアの障害者スポーツの祭典、ジャカルタ・アジアパラ大会は6日、開幕する。陸上など18競技に43カ国・地域から約3000人の選手が出場。日本からはチェスを除く17競技に300人以上が参加する。2020年東京パラリンピックへのステップとなる総合大会で、活躍が期待される選手を紹介する。

スタート改良奏功 陸上男子中距離・佐藤友祈

 世界記録保持者としてアジアパラ大会に臨む陸上男子中距離(車いすT52)の佐藤友祈(29)=WORL…

この記事は有料記事です。

残り1660文字(全文1873文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 盗難の松本清張全集、ファン寄贈 北九州の図書館、書棚に戻る
  2. 住宅ローン減税、現行の10年から13年に 3年延長検討 消費増税対策で
  3. ふるさと納税 高額返礼品廃止で急減「ふり回された」
  4. ふるさと納税、偽サイト乱立 大幅「割引」うたい返礼品届かず 福岡県警が捜査
  5. 麻生財務相の言いたい放題、なぜ許される 批判の声と許容の声

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです