メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 輝く義足のモデルたち=越智貴雄

「切断ヴィーナスショー」で斬新な義足をはく前川楓さん(左から2人目)らモデルたち

 輝く黄金、発光する円すい、古びたマシンガンなど、多種多様な義足をはいた女性モデルたちがランウエーを彩った。フィナーレには、鳴りやまない拍手とともに、シャッターを切る人たちの大きな人だかりができた。今回で11回目となる「切断ヴィーナスショー」は、9月に愛知県刈谷市で開催された。

 この「切断ヴィーナス」プロジェクトの始まりは6年前。スポーツ義足製作者でパラリンピックに日本代表メカニックとして同行する臼井二美男さん(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)を訪ねると、臼井さんは「義足を隠さなけれ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 店長と従業員、スプレー缶の可燃性を認識せず 爆発は廃棄の120本 札幌
  2. 札幌爆発事故 不動産のアパマンがおわび文
  3. 大塚家具、埼玉と千葉の2店舗 19年1月14日に閉鎖へ
  4. 台湾 徴兵制終了 若者に嫌気、戦力維持に課題
  5. 不幸中の幸い 「偶然」重なり…死者なしの「なぜ」 札幌爆発事故

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです