メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 輝く義足のモデルたち=越智貴雄

「切断ヴィーナスショー」で斬新な義足をはく前川楓さん(左から2人目)らモデルたち

 輝く黄金、発光する円すい、古びたマシンガンなど、多種多様な義足をはいた女性モデルたちがランウエーを彩った。フィナーレには、鳴りやまない拍手とともに、シャッターを切る人たちの大きな人だかりができた。今回で11回目となる「切断ヴィーナスショー」は、9月に愛知県刈谷市で開催された。

 この「切断ヴィーナス」プロジェクトの始まりは6年前。スポーツ義足製作者でパラリンピックに日本代表メカニックとして同行する臼井二美男さん(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)を訪ねると、臼井さんは「義足を隠さなけれ…

この記事は有料記事です。

残り369文字(全文615文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです