メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 輝く義足のモデルたち=越智貴雄

「切断ヴィーナスショー」で斬新な義足をはく前川楓さん(左から2人目)らモデルたち

 輝く黄金、発光する円すい、古びたマシンガンなど、多種多様な義足をはいた女性モデルたちがランウエーを彩った。フィナーレには、鳴りやまない拍手とともに、シャッターを切る人たちの大きな人だかりができた。今回で11回目となる「切断ヴィーナスショー」は、9月に愛知県刈谷市で開催された。

 この「切断ヴィーナス」プロジェクトの始まりは6年前。スポーツ義足製作者でパラリンピックに日本代表メカニックとして同行する臼井二美男さん(鉄道弘済会義肢装具サポートセンター)を訪ねると、臼井さんは「義足を隠さなけれ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  2. デサント 社内融和、ブランドイメージ立て直し急務
  3. 質問なるほドリ TOBなぜするの? 市場外で株式買い増し 経営見直し迫る=回答・釣田祐喜
  4. 準強姦で起訴の男性会社役員に無罪判決 地裁久留米支部
  5. デサント TOB「反対」1000人超署名 従業員の約3割

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです