メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
クローズアップ2018

巨額五輪、圧縮方便にクギ 代々木改修、薬物対策は「経費」 検査院「国負担8000億円以上」

2020年東京五輪・パラリンピックの負担額

 2020年東京五輪・パラリンピックの開催にはいったいいくらかかるのか。会計検査院が4日に公表した報告書は根本的な疑問を投げかけた。昨年12月に大会組織委員会と東京都が公表した第2弾(V2)予算の1兆3500億円が経費の全体像と強調されてきたが、実態は会計検査院が指摘した関連経費まで含めれば現状でも2兆8000億円規模となるためだ。ブラックボックス化していた経費の実像を示さなければ国民の不信感は高まる。【田原和宏、村上正、竹内良和】

 大会経費を1兆3500億円と試算したV2予算は昨年末に発表された。「大会経費」とは国際オリンピック…

この記事は有料記事です。

残り1828文字(全文2096文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 訪日客人気スポット「チームラボ」菅長官が視察「来年は4000万人に」

  4. サンデー毎日発 全国240大学・実就職率ランキング 学生の将来にも責任を持つ就職支援力が高い大学は?

  5. 第101回全国高校野球 準決勝の見どころ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです