メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

IOC

スポーツ外交の手本に 委員就任の渡辺氏

 9日までブエノスアイレスで開かれた国際オリンピック委員会(IOC)総会で、国際体操連盟(FIG)の渡辺守成会長(59)がIOC委員に選出された。初めて立候補したFIG会長選で圧勝し、2017年の就任から2年足らずでIOC委員に。抜群の実行力は、日本の課題となっているスポーツ外交で貴重な手本となりそうだ。

 「“五輪新記録”を達成したんだから頑張って」。9人の候補者のうち最多76票の信任票を得た渡辺氏に、…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文680文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  3. 武蔵小杉タワマン停電 全面復旧見えず

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 「アラ探そうと躍起」 群馬の山本一太知事、ネットで記者批判

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです