メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

レスリング

伊調、髪切り目に闘志 五輪5連覇へ再始動

表彰式で笑顔を見せる伊調馨=静岡県三島市の三島市民体育館で2018年10月14日、宮武祐希撮影

 レスリング女子で五輪4連覇の伊調馨選手(34)=ALSOK=が14日、2016年リオデジャネイロ五輪以来2年2カ月ぶりの実戦となる全日本女子オープン選手権(静岡・三島市民体育館)57キロ級に出場し、優勝した。今年に入り、日本協会の栄和人・前強化本部長(58)からパワーハラスメントを受けていたことが発覚。ブランクも騒動も乗り越え、男女通じて個人種目世界初の五輪5連覇が懸かる20年東京五輪へ再スタートを切った。

 問題以降、公の場に姿を現さなかった伊調選手が髪を短くしマットに戻ってきた。筋骨隆々とした往時に比べ…

この記事は有料記事です。

残り899文字(全文1155文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

  5. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです