メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

空手、採点方式導入へ 形種目、旗判定から変更

 2020年東京五輪で追加競技として初採用される空手の形種目で、採点方式を本格的に導入する見通しになった。演武の出来栄えを競う形で、勝敗を分かりやすくするために現在の旗判定から変更する。国際オリンピック委員会(IOC)からも「判定の基準が分かりにくい」と指摘されていた。

 採点方式の概要案も判明した。現在の旗判定では審判は5人だが、7人に増やす。各審判が技術の正確…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. 秋田犬 勝大デビュー ザギトワの「マサル」ときょうだい

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです