メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪

空手の形に採点方式 旗判定から変更

女子形で世界選手権2連覇中の清水希容

 2020年東京五輪で追加競技として初採用される空手の形種目で、採点方式を本格的に導入する見通しになった。演武の出来栄えを競う形で、勝敗を分かりやすくするために現在の旗判定から変更する。国際オリンピック委員会(IOC)からも「判定の基準が分かりにくい」と指摘されていた。

 採点方式の概要案も判明した。現在の旗判定では審判は5人だが、7人に増やす。各審判が技術の正確性…

この記事は有料記事です。

残り275文字(全文458文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京アニ「社員の師匠」木上さん、なお不明 「キャラに生命」「あの優しい人が…」
  2. 加藤浩次さん、大崎・岡本両氏退陣なければ「吉本やめる」
  3. 「冗談だった」「圧力のつもりない」…吉本社長会見、古い体質露呈
  4. 「著名人」当選は3人 最多得票れいわ・山本太郎氏、96万票獲得も落選
  5. 吉本興業、宮迫さんらの処分撤回 岡本社長、会見で謝罪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです