メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

障害者スポーツ

パラ選手言葉のポスター撤去 「障害は言い訳」波紋 一方的メッセージおそれ

JR東京駅構内から撤去された東京都主催の障害者スポーツのPRイベント用ポスター=東京都千代田区で2018年10月15日、塩田彩撮影

 「障がいは言い訳にすぎない。負けたら、自分が弱いだけ」。東京都主催の障害者スポーツをPRするイベント用ポスターのキャッチコピーに対して、障害者らから批判が相次ぎ、都は15日夜、JR東京駅構内からこのポスターを撤去した。選手が自分を鼓舞した言葉が、せりふの形を取らずに使われて誤解を呼んだ形だが、東京パラリンピックを2年後に控えて、障害者スポーツを推進する難しさがにじむ。【塩田彩、森健太郎】

 都オリンピック・パラリンピック準備局によると、ポスターはイベント用に都が作製した。23種類の障害者…

この記事は有料記事です。

残り824文字(全文1070文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神羅万象チョコ 15年の歴史に幕 累計1億2575万個販売 7月に最終弾発売
  2. WEB CARTOP [譲らないのも道交法違反]後ろから速いクルマが迫ってきたときはどうする?
  3. あおり運転 イラッときたら怒声器に 大分の僧侶開発
  4. 京都府警 あおり運転、ヘリで監視 高速道、パトと連携
  5. 屋久島孤立 下山232人のうち25人到着 残留34人の救助始まらず

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです