メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

マラソンはアナログ、デジタルになってはいけない 日本復活への道 東京で瀬古氏講演

 日本陸上競技連盟の瀬古利彦マラソン強化戦略プロジェクトリーダー(DeNAランニングクラブ総監督)が16日、東京・池袋のホテルメトロポリタンで開かれた「毎日メトロポリタンアカデミー」で、「心で走る マラソン日本復活への道」と題して講演した。

 現役時代は勝ちたい一心で、厳しい練習と節制に徹したことを紹介。最近は合理的かつ科学的な練習が必要とも言われるが、自身の経験から「マラソンは自分の脚で42・1…

この記事は有料記事です。

残り300文字(全文499文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  2. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. 「規律と自主性」ぶつかり合い、そして歩み寄ったリーチ主将とジョセフHC 

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです