メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユース五輪

卓球、東京へ王国の底力 中国に破れ日本銀

 夏季ユース五輪第10日は15日、ブエノスアイレスで行われ、卓球の混合団体決勝で張本智和(エリートアカデミー)と平野美宇(日本生命)で組んだ日本は王楚欽、孫穎莎の中国に1-2で競り負け、銀メダルだった。シングルスで平野が敗れ、張本が勝利し、ダブルスで屈した。

 東京五輪への試金石と位置付け、目標とした金メダルは個人に続いて届かなかった。卓球の混合団体決勝で中国の壁に再び阻まれた15歳の張本は「最低限一つは取りたかった」と悔しさを漂わせた。ユース世代でも立ちはだかったのは選手層の厚い王国の底力だった。

 18歳の平野は世界ジュニア女王の孫穎莎に勝利まであと1点に迫りながら、土壇場でミスを重ねて2-3で…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. NGT48暴行問題 山口さん反論にAKS、弁明に追われ 第三者委報告受け会見
  2. 高松商・香川が今大会初完封 春日部共栄降す
  3. タイで覚醒剤300万人使用か 押収量過去最高、日本にも流出
  4. 寄贈 闘病記を市に 子宮頸がん患いながら出産、朝霞の森田さん(46) 検診の大切さ知ってほしい /埼玉
  5. イチロー元選手がシアトル到着 「お疲れさまでした」の声 

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです