メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ユース五輪

卓球、東京へ王国の底力 中国に破れ日本銀

 夏季ユース五輪第10日は15日、ブエノスアイレスで行われ、卓球の混合団体決勝で張本智和(エリートアカデミー)と平野美宇(日本生命)で組んだ日本は王楚欽、孫穎莎の中国に1-2で競り負け、銀メダルだった。シングルスで平野が敗れ、張本が勝利し、ダブルスで屈した。

 東京五輪への試金石と位置付け、目標とした金メダルは個人に続いて届かなかった。卓球の混合団体決勝で中国の壁に再び阻まれた15歳の張本は「最低限一つは取りたかった」と悔しさを漂わせた。ユース世代でも立ちはだかったのは選手層の厚い王国の底力だった。

 18歳の平野は世界ジュニア女王の孫穎莎に勝利まであと1点に迫りながら、土壇場でミスを重ねて2-3で…

この記事は有料記事です。

残り341文字(全文642文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです