メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏季ユース五輪

陸上の出口が金 男子400メートル障害

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第11日は16日、ブエノスアイレスで行われ、陸上男子400メートル障害で17歳の出口晴翔(東福岡高)が51秒28をマークし、1回目の51秒40とのタイム合計で金メダルを獲得した。

 同棒高跳びは16歳の古沢一生(群馬・前橋育英高)が自己ベストの5メートル22を出し、1回目の5メートル10との合計で銀メダルを獲得。同やり投げの中村健太郎(大阪・清風南海高)は12位だった。

 新体操の個人総合で山田愛乃(イオン)は8位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 中2男子、校内で同級生の頭を刺す 容体不明 殺人未遂で逮捕 愛媛
  3. 原料に金属か、ロッテとブルボン菓子回収 宇部興産設備で破損、影響拡大
  4. 辺野古 玉城知事の「上告取り下げ」県政与党は寝耳に水 首相に辺野古「譲歩カード」 /沖縄
  5. 双子のパイロット訓練生、被災の熊本から羽ばたく 全日空と日航に入社へ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです