メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏季ユース五輪

陸上 出口、狙い定め金 男子400メートル障害

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第11日は16日、ブエノスアイレスで行われ、陸上男子400メートル障害で17歳の出口晴翔(東福岡高)が51秒28をマークし、1回目の51秒40とのタイム合計で金メダルを獲得した。同棒高跳びは16歳の古沢一生(群馬・前橋育英高)が自己ベストの5メートル22を出し、1回目の5メートル10との合計で銀メダルを獲得。同やり投げの中村健太郎(大阪・清風南海高)は12位。新体操の個人総合で山田愛乃(イオン)は8位だった。

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. イチロー引退会見「妻と一弓には感謝の思いしかない」一問一答(その5)
  2. 佳子さまがICU卒業 「充実した学生生活に感謝」
  3. イチロー引退会見「死んでもいいという気持ちはこういうこと」一問一答(その4)
  4. イチロー引退会見「野球が楽しかったのは94年まで」一問一答(その3)
  5. イチロー引退会見「野球への愛貫いた」一問一答(その2)

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです