メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏季ユース五輪

陸上 出口、狙い定め金 男子400メートル障害

 【ブエノスアイレス共同】夏季ユース五輪第11日は16日、ブエノスアイレスで行われ、陸上男子400メートル障害で17歳の出口晴翔(東福岡高)が51秒28をマークし、1回目の51秒40とのタイム合計で金メダルを獲得した。同棒高跳びは16歳の古沢一生(群馬・前橋育英高)が自己ベストの5メートル22を出し、1回目の5メートル10との合計で銀メダルを獲得。同やり投げの中村健太郎(大阪・清風南海高)は12位。新体操の個人総合で山田愛乃(イオン)は8位だった。

この記事は有料記事です。

残り504文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです