メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

銚子海保、サーフィン会場を測量 水深や海底の地形 /千葉

 2020年東京五輪でサーフィンの競技会場となる一宮町の釣ケ崎海岸で、銚子海上保安部が17日から水深や海底の地形を調べる測量をしている。水深が足りず会場警備の巡視船が航行できない可能性があるためで、調査結果は大会開催時の警備計画の策定に生かす。

 同保安部によると、33年前に作製された同海岸付近の海図では、水深が5メートルほどしか…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文413文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女の気持ち いじめ 東京都町田市・匿名希望(団体役員・66歳)
  2. 暴行容疑 元レスラー長与千種さんの髪つかむ 男を逮捕
  3. 青森 グーグルマップ改ざん 中学校名に「いじめ」
  4. 兵庫・篠山市 「丹波篠山市」変更が賛成多数 住民投票
  5. 暴言 支援学級担任が「色気付きやがって」 生徒不登校に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです