メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

銚子海保、サーフィン会場を測量 水深や海底の地形 /千葉

 2020年東京五輪でサーフィンの競技会場となる一宮町の釣ケ崎海岸で、銚子海上保安部が17日から水深や海底の地形を調べる測量をしている。水深が足りず会場警備の巡視船が航行できない可能性があるためで、調査結果は大会開催時の警備計画の策定に生かす。

 同保安部によると、33年前に作製された同海岸付近の海図では、水深が5メートルほどしか…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋で乗用車とごみ収集車が衝突 女性と子供が意識不明 10人けが
  2. 東京・池袋衝突事故 重体の女性と女児が死亡
  3. 交通安全教室でスタントマンの男性死亡 事故再現で 京都
  4. 池袋事故 87歳運転の車は150m暴走 自転車の母娘死亡
  5. 辺野古取材の池上彰さんを撮影 「マスコミ特定」反対派リスト作成の警備会社が指示

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです