メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

夏季ユース五輪

フットサル女子が銀 体格差臆せず戦い快挙 坂井の高校生6人代表に /福井

 アルゼンチンのブエノスアイレスであった第3回夏季ユース五輪は17日にフットサル女子の決勝があり、坂井市のチーム「福井丸岡RUCK(ラック)」に所属する高校生6人が選出された日本代表は、ポルトガルに1-4で敗れた。負けたとはいえ世界との差がないことを証明した銀メダルに、ラックの田中悦博監督(52)が祝福の言葉を贈った。

 「体格で勝る相手にひるむことなく、普段通りのプレーができていた」。ウェブサイトを通じて選手たちを見…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  3. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  4. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り
  5. 初出場の筑陽学園がセンバツ初勝利 福知山成美との競り合い制す

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです