メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

「境港、セーリングの聖地に」 クロアチア拠点の国際チーム、市や県などと包括協定 /鳥取

包括協定を締結し握手を交わすヨゾ・ヤケリッチコーチ(中央左)、平井伸治・鳥取県知事(同右)ら=鳥取県境港市竹内団地の夢みなとタワーで、横井信洋撮影

 クロアチアを拠点に活動し、2020年東京五輪で境港市の境港公共マリーナを事前キャンプ地にするセーリング競技レーザー級の国際チーム「JKモルナル」は、市内で県と市、県セーリング連盟の3者と包括協定を締結した。地元側はキャンプに必要な設備や移動手段を提供し、チームは県内選手の指導やセーリング教室の開催などで市民らとの交流を深める。【横井信洋】

 チームには瀬川和正選手(29)=米子産業体育館=や2人の五輪メダリストら5カ国の7選手が所属し、美…

この記事は有料記事です。

残り466文字(全文687文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  4. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  5. 大会期間中に天然芝全面張り替え 福岡のスタジアム 激しいプレーで想定以上に傷み

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです