メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外東京地裁、ゴーン被告の保釈請求再び却下
月刊東京五輪

GoodCoach・2020への歩み 出過ぎず自主性尊重 福見友子・柔道女子日本代表コーチ

=根岸基弘撮影

 <東京五輪まであと640日・パラリンピックまであと672日>

 指導者が大切にしている理念や強化ポイントなどを紹介する「Good Coach 2020への歩み」の2回目は、柔道女子日本代表の福見友子コーチ(33)。高校生だった2002年に絶対的な強さを誇った五輪金メダリストの谷(当時・田村)亮子さんを破って注目された元世界女王は、指導者としても軽量級の強化で手腕を発揮している。13年に柔道女子代表選手らへの暴力問題が発覚した際の経験、海外留学を通じて培った指導方法などを聞いた。【構成・松本晃】

 私は個々の能力や技術も高い日本代表のコーチとして、「前に出過ぎず、下がり過ぎず」を心掛けて指導して…

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 小室圭さんが謝罪コメント発表 母の金銭トラブルで経緯説明
  2. 「ご説明したい」小室圭さん見解全文
  3. 100円カップで150円ラテ 窃盗容疑で62歳男逮捕 常習か 福岡
  4. 世界経済・見て歩き 仏・フラン ルノー工場 ゴーン流、うんざり トイレは2回、過酷さに悲鳴
  5. 北海道のベトナム人実習生21人解雇の恐れ 愛知の青果卸売会社

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです