メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

GoodCoach・2020への歩み 出過ぎず自主性尊重 福見友子・柔道女子日本代表コーチ

=根岸基弘撮影

 <東京五輪まであと640日・パラリンピックまであと672日>

 指導者が大切にしている理念や強化ポイントなどを紹介する「Good Coach 2020への歩み」の2回目は、柔道女子日本代表の福見友子コーチ(33)。高校生だった2002年に絶対的な強さを誇った五輪金メダリストの谷(当時・田村)亮子さんを破って注目された元世界女王は、指導者としても軽量級の強化で手腕を発揮している。13年に柔道女子代表選手らへの暴力問題が発覚した際の経験、海外留学を通じて培った指導方法などを聞いた。【構成・松本晃】

 私は個々の能力や技術も高い日本代表のコーチとして、「前に出過ぎず、下がり過ぎず」を心掛けて指導して…

この記事は有料記事です。

残り2413文字(全文2712文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋暴走、ドラレコに音声 87歳男性「あー、どうしたんだろう」同乗の妻の問いに
  2. 池袋暴走 被害者遺族のコメント全文「少しでも犠牲者いなくなる未来を」
  3. 新たに30代母と2歳女児の軽傷が判明 死傷者は計12人に 池袋暴走事故
  4. 余録 「頂いたお酒を開けて家業を休み…
  5. 大阪市立総合医療センター 患者情報を誤送信 49人分 /大阪

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです