メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪・パラ

視覚障害者がボランティアに 参加の動き

 2020年東京五輪・パラリンピックに向け、視覚障害者が大会ボランティアへの参加を目指す動きが広がっている。日ごろはボランティアをされることが多い視覚障害者がボランティアをする側に回れば社会とのつながりが広がる。大会をきっかけに多様性を受け入れ、社会が変わることが期待されている。

 12年ロンドン五輪では大会ボランティアのうち4%が障害者だったとされるが、視覚障害者の参加例はほとんどない。全盲や弱視の視覚障害のある人は、一人では行動への制約が多く、案内や受付など単独で活動するのは難しいためだ。

 大会に関わりたいという視覚障害者は多い。先月25日には東京都内で盲学校のしんきゅう・マッサージ課程…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  2. TOKIO写真「SNSいいの?」 安倍首相が私的な会食アップ 賛否飛び交う  
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 吉川友梨さん行方不明から16年 母になった同級生の思い
  5. ニッポンへの発言 キーワード 山口真帆さんへ=中森明夫

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです