メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

世界体操

男子は五輪V2予断許さず 女子は村上健闘

 体操の世界選手権は3日、ドーハで閉幕し、日本は男女で計6個のメダルを獲得したが、11年ぶりに金メダルなしに終わった。前回優勝した男子団体総合では若手を入れて立て直した強豪の中国、ロシアに屈して3位。2020年東京五輪で団体総合出場枠は確保したが、2連覇へ予断を許さない状況となった。

 エース内村航平(リンガーハット)は右足首故障のため、団体総合決勝で床運動と跳馬を演技できなかったが「(全6種目に)出ていても勝てていなかった」と分析した。演技の難しさに加え、日本が伝統的に…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  3. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  4. サラリーマン川柳 サラリーマン川柳、今年の1位発表 「五時過ぎた カモンベイビー USAばらし」
  5. 高校担任が女子生徒とキス 6年後にシール見つかり発覚 停職3カ月 新潟県教委

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです