メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

有明に浮かぶ 競技場に木造屋根

公開された有明体操競技場の木造屋根のリフトアップ=東京都江東区で2018年11月7日午前10時22分、佐々木順一撮影

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は7日、五輪で体操会場となる有明体操競技場(東京都江東区)の大型屋根(幅約90メートル、奥行き120メートル)を設置する作業の様子を報道陣に公開した。完成すれば、アーチ型の木造屋根としては世界最大級となるという。来年10月に工事が完了する予定。

 この日は屋根を1時間に5メートルずつ約…

この記事は有料記事です。

残り43文字(全文208文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. 高2男子に切りつけ、強盗殺人未遂容疑で中国籍の男逮捕 埼玉・蕨

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

  5. 「桜を見る会」参加者が語る 「ファンの集い」と「往復する首相」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです