メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

JOC

競技団体会長に適正運営求める 不祥事受け

 スポーツ界の相次ぐ不祥事を受け、日本オリンピック委員会(JOC)は7日、東京都内で加盟競技団体の会長を集めた会議を初めて開き、適正な組織運営の徹底を図った。

     54競技団体の幹部が出席。強化責任者のパワーハラスメントが問題視されたレスリングや、補助金の不正流用などがあったボクシングの団体トップが不祥事の背景や対応を説明した。これまでもJOCは各競技団体の担当者や選手らにスポーツのインテグリティー(高潔性)の重要性を伝えてきたが、会長を対象にした会議は初めて。JOCの竹田恒和会長は「リーダーシップをもって組織を引き締めてほしい」と狙いを説明した。

     スポーツ庁の鈴木大地長官も出席し、超党派のスポーツ議員連盟が設置した有識者の会議で「国の関与を強化すべきだ」という意見が出ていることなどを紹介。日本クレー射撃協会の高橋義博会長は「政治がスポーツを引っ張っていくということか」と疑問を呈したが、竹田会長は「国といい関係を保ち、自立した組織を目指すことが大事」と訴えた。【小林悠太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 寡婦控除 未婚に所得制限、事実婚は対象外 与党調整
    2. NTT社長 ドコモ値下げ、全社で支援 効率化を協議へ
    3. プロ野球 FA浅村、楽天決定
    4. ORICON NEWS キムタク、“オフ”の長澤まさみの姿を暴露 本人赤面「天気が良かったから」
    5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです