メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クライミング

東京五輪は狭き門 各国出場枠は男女各2人

 2020年東京五輪の追加種目、スポーツクライミングのアジア選手権が7日、鳥取県倉吉市で開幕した。日本国内での開催は16年ぶり。優勝者には五輪切符の懸かる来年8月の世界選手権(東京・八王子)の出場権が与えられる。

 東京五輪で実施されるのは、登る高さで競うリード、完登した課題の数で争うボルダリング、登る速さで決まるスピードの3種目の総合で勝負する「複合」のみ。複合は世界選手権やアジア大会などで今年から本格的に行われ、日本は世界ランキング10位以内に男子4人、女子3人。東京五輪でのメダル獲得が期待される。

 しかし、9月の世界選手権(オーストリア・インスブルック)で、日本勢は複合のメダルを獲得できずに終わ…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 陸上の小出義雄さん死去 高橋尚子さんら育成 80歳
  2. アクセス NGT48・山口真帆さん卒業表明で運営側への批判再燃 識者は「最悪の幕切れ」
  3. 強制不妊救済法が成立 「心からおわび」320万円支給 月内に施行へ
  4. みんなのごみ 廃品回収 紛れる違法業者
  5. 都構想再び堺が浮上 将来的に再編意向

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです