メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊パラリンピック

「東京」へ世界見据え アジアパラ大会・日本選手団主将 鈴木孝幸 競泳・ゴールドウイン

 ジャカルタ・アジアパラ大会で、日本選手団は金メダル45個を含む過去最多198個のメダルを獲得した。日本選手で1大会最多となる5個の金メダルを獲得した日本選手団主将、競泳男子の鈴木孝幸(31)=ゴールドウイン=に大会を振り返ってもらい、東京パラリンピックへの課題などを聞いた。【聞き手・谷口拓未】

 自分の力を最大限に発揮することだけを考え、出場した全種目で大会新記録をマークし、金メダルを獲得できたことは良かった。ただ、大会前は好成績を残せる自信がなかった。今年に入って障害の程度に応じたクラスが変更され、レースのイメージを持てなかったからだ。出場選手の中には、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの金メダリストもいた。それでも、リオ大会後に練習拠点の英国で重ねたトレーニングの成果や、パラリンピック4大会、アジアパラ2大会に出場した経験もあり、レースに集中できた。

 パラスポーツをより多くの人に知ってもらうには、結果を出すことが重要だ。東京パラリンピックを見据え、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1140文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. サクラの名所・中国の武漢大、警備員が花見の「和服」学生に暴行 ネットで炎上、批判が殺到
  2. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  3. ORICON NEWS がん手術の堀ちえみ、無事退院を報告し感謝 今後は経過観察で定期的に通院
  4. 特集ワイド チケット「転売ヤー」 業界困惑 ネット普及で買い占め容易に
  5. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです