メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊パラリンピック

「東京」へ世界見据え アジアパラ大会・日本選手団主将 鈴木孝幸 競泳・ゴールドウイン

 ジャカルタ・アジアパラ大会で、日本選手団は金メダル45個を含む過去最多198個のメダルを獲得した。日本選手で1大会最多となる5個の金メダルを獲得した日本選手団主将、競泳男子の鈴木孝幸(31)=ゴールドウイン=に大会を振り返ってもらい、東京パラリンピックへの課題などを聞いた。【聞き手・谷口拓未】

 自分の力を最大限に発揮することだけを考え、出場した全種目で大会新記録をマークし、金メダルを獲得できたことは良かった。ただ、大会前は好成績を残せる自信がなかった。今年に入って障害の程度に応じたクラスが変更され、レースのイメージを持てなかったからだ。出場選手の中には、2016年リオデジャネイロ・パラリンピックの金メダリストもいた。それでも、リオ大会後に練習拠点の英国で重ねたトレーニングの成果や、パラリンピック4大会、アジアパラ2大会に出場した経験もあり、レースに集中できた。

 パラスポーツをより多くの人に知ってもらうには、結果を出すことが重要だ。東京パラリンピックを見据え、…

この記事は有料記事です。

残り704文字(全文1140文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 500ミリ飲料のストロー穴復活! ストローは付きませんが…グリコ「マイルドカフェオーレ」など

  2. 大阪メトロ、車掌が乗務中にディズニーツムツム「駄目なのは分かりつつ…」

  3. 「敵に塩」ならぬ「相手投手に水」 仙台育英・小濃が星稜・荻原に「まだ先が長いんだから」

  4. 「明治フルーツ」販売終了 60年の歴史に幕

  5. 「トランプ公式プラ製ストロー」販売開始 ロゴ入り10本で1600円 「紙」に対抗

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです