メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

スタッフ服、日本の伝統色に 来年3月決定

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は14日、大会でボランティアを含むスタッフらが着るユニホーム2種類について、大会の基本カラーである日本の伝統色の「紅」「藍」「桜」「藤」「松葉」から基調色を選ぶ方針を明らかにした。大会スポンサーのアシックスと組織委で約30のデザイン案を作り、19日から選…

この記事は有料記事です。

残り109文字(全文259文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

  2. コストコに車突っ込み貴金属盗まれる 北九州

  3. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委

  4. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  5. 許さない 性暴力の現場で/3 親からの虐待 義父の影におびえ続け /群馬

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです