メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ2018

五輪、テレビ優先加速 20年「追加競技」ルール変更相次ぐ

テレビを意識した主な競技ルール変更

 2020年東京五輪での採用が決まった「追加競技」で、テレビ視聴者を意識した「五輪仕様」のルール変更が相次いでいる。競技団体は次回の24年パリ五輪以降の五輪定着を目指し、国際オリンピック委員会(IOC)へアピールしているが、競技への影響を懸念する声もある。

メダル争い、構図に変化

 世界空手連盟(WKF)は5日、仮想の敵との攻防を演武して出来栄えを競う「形」に、従来の旗判定からフィギュアスケートのような採点方式を来年1月から導入することを決めた。

 IOCから旗判定では優劣が分かりにくいと指摘されたことを受け、勝敗の基準を数値化。7人の審判が技術…

この記事は有料記事です。

残り1782文字(全文2055文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  2. 即位の礼 饗宴の儀、華やかに 皇后陛下ロングドレス 出席者も鮮やか民族衣装で

  3. 即位の礼 小ダイ姿焼き、フカヒレ茶わん蒸し、加薬飯、イセエビ吸い物…饗宴の儀、秋づくしの和食で

  4. 共産党「現行憲法に抵触」即位礼など欠席 他の主要政党は祝意

  5. 即位の礼 神々しさ演出 幕開き初めてお姿 即位礼 国民主権兼ね合い議論足りず

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです