メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊東京五輪

Promises・2020への約束 対談 レスリング・乙黒拓斗×競泳・鈴木聡美

アジア大会の競泳とレスリングの世界選手権で獲得した金メダルやベルトを手に笑顔を見せる鈴木聡美(左)と乙黒拓斗=内林克行撮影

 <東京五輪まであと612日・パラリンピックまであと644日>

自分の可能性信じて 山梨学院大出身、在籍中の先輩・後輩対談

 競技の枠を超えて思いを語り合う「Promises 2020への約束」。今回は山梨学院大出身、在籍中の先輩、後輩の対談となった。競泳女子でジャカルタ・アジア大会3冠の鈴木聡美(27)=ミキハウス=と、レスリング男子の世界選手権で日本選手最年少で金メダルに輝いた乙黒拓斗(19)=山梨学院大。3度目の五輪を狙う経験豊富な鈴木と成長著しい乙黒が躍動したシーズンを振り返り、東京五輪への抱負などを語り合った。【構成・村上正】

この記事は有料記事です。

残り2701文字(全文2970文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. あおり運転か 車止めさせ運転手の顔殴打疑い 42歳男逮捕 岐阜

  2. 「やりすぎた 反省している」あおり運転事件で容疑の男 交際相手も全面的に容疑認める

  3. 東北新幹線で走行中にドア開く 運転士が緊急停止

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. 特集ワイド 猛暑のソウル「反日」一色と思いきや… ロウソクと太極旗、揺れる劇場都市

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです