メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

月刊東京五輪

Promises・2020への約束 対談 レスリング・乙黒拓斗×競泳・鈴木聡美

アジア大会の競泳とレスリングの世界選手権で獲得した金メダルやベルトを手に笑顔を見せる鈴木聡美(左)と乙黒拓斗=内林克行撮影

 <東京五輪まであと612日・パラリンピックまであと644日>

自分の可能性信じて 山梨学院大出身、在籍中の先輩・後輩対談

 競技の枠を超えて思いを語り合う「Promises 2020への約束」。今回は山梨学院大出身、在籍中の先輩、後輩の対談となった。競泳女子でジャカルタ・アジア大会3冠の鈴木聡美(27)=ミキハウス=と、レスリング男子の世界選手権で日本選手最年少で金メダルに輝いた乙黒拓斗(19)=山梨学院大。3度目の五輪を狙う経験豊富な鈴木と成長著しい乙黒が躍動したシーズンを振り返り、東京五輪への抱負などを語り合った。【構成・村上正】

この記事は有料記事です。

残り2701文字(全文2970文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 大人の発達障害 4割超「うつ病」発症 毎日新聞調査
  2. ザギトワ「マサルが恋しい」 フィギュア女子セレモニー
  3. 「お茶くみ」でつまずき…… 発達障害「6カ所以上の職場」3割
  4. 特集ワイド 増える「発達障害グレーゾーン」 しんどさ続き、浮く存在に
  5. フーターズ運営が再生法申請 負債約5億円、営業継続

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです