メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

体操

高難度技、AIで判別 「自動採点」へ一歩 東京五輪で「補助」活用 国際連盟

あん馬の実演デモ。後方のモニターに映るのが3Dレーザーセンサーによる認識画像=東京都港区で2018年11月20日午後1時42分、円谷美晶撮影

 国際体操連盟(FIG)は20日、東京都内で記者会見を開き、富士通が開発した体操の「採点支援システム」を採用すると発表した。2020年東京五輪では審判員が採点し、このシステムは一部の種目で補助として活用される。

 システムは、選手の動きを立体的に解析する「3Dレーザーセンサー」と人工知能(AI)を活用…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名古屋・栄で男性刺され死亡 トラブルでけんかか 男1人を逮捕
  2. カンヌ映画祭 最高賞に韓国作品「パラサイト」
  3. 弱気?なニューヒーロー朝乃山 前日の栃ノ心戦、ネットの辛辣な言葉「記憶に残る」
  4. 躍進の炎鵬関 事故死した「兄」しこ名に 白鵬がスカウト
  5. わたしの歩跡 大部屋出身の俳優 土平ドンペイさん(52)=草津市/19 凶悪な形相で赤ちゃん言葉 /滋賀

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです