メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

大会ボランティア8万人 目標突破、都募集分は不足

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は21日、大会ボランティアへの応募が20日午前9時時点で8万1035人となり、募集人数の8万人を突破したと発表した。12月21日午後5時まで応募を受け付ける。

 組織委によると、応募者の6割を女性が占め、外国籍の人が44%と半数近くに上った。年代別では20代が32%と最も多く、10代が17%、50代が14%。日本国籍に絞ると、50代(22%)と10代(19%)が多く、20代は12%にとどまった。9種類ある希望分野別では、競技会場など…

この記事は有料記事です。

残り362文字(全文602文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 名阪国道、奈良知事が異例の有料化要望 トラック流入で事故や渋滞多発

  2. TBS、やらせあった「消えた天才」「クレイジージャーニー」放送終了

  3. 死因は脳挫滅 生きたまま東尋坊転落か 滋賀トランク監禁事件

  4. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  5. 40代後半「就職氷河期」支援なぜダメなの? 非正規、若年層より多いのに

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです