メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

「共に楽しもう」 ボランティア障害者説明会

車いす利用者らが参加した2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア説明会=東京都北区の都障害者総合スポーツセンターで2018年11月22日、芳賀竜也撮影

 東京都は22日、都障害者総合スポーツセンター(北区)で、主に障害者を対象にした2020年東京五輪・パラリンピックのボランティア説明会を開いた。8月以降、開催してきた説明会で障害者を中心に呼びかけるのは初めて。大会ビジョンの「多様性と調和」をボランティア分野でも実現するのが狙い。

 説明会では都に加え大会組織委員会も参加して役割などを説明した。パラ…

この記事は有料記事です。

残り263文字(全文437文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

  2. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  3. 北海道警ヤジ排除「法的根拠なく違法逮捕」元道警方面本部長・原田氏 発生3カ月 

  4. ORICON NEWS 令和初の高校サッカー応援歌は史上初づくし デビュー前の現役高1生・三阪咲を抜てき

  5. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです