メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ともに・2020バリアーゼロ社会へ

毎日ユニバーサル委員会 第4回座談会(その1)

東洋大教授 川内美彦氏

言語や文化の壁越え、外国人を優しく支援

 ◆スポーツ庁長官 鈴木大地氏/河本宏子氏 ANA総合研究所副社長/桜井俊氏 元総務事務次官/河合純一氏 日本パラリンピアンズ協会会長/川内美彦氏 東洋大教授

 毎日新聞社のバリアーゼロ社会実現キャンペーン「ともに2020」などに提言してもらう「毎日ユニバーサル委員会」の第4回座談会が15日、東京都千代田区のパレスサイドビルで開かれた。今回のテーマは「『外国人に優しく』という観点を」。今年は西日本豪雨や北海道胆振(いぶり)東部地震など災害が頻発し、訪日外国人らに避難情報などが行き届かず「災害弱者」となる問題が浮き彫りになった。2020年東京五輪・パラリンピックを控え、どのような方策が取れるかなどについて意見交換した。【司会は小松浩・毎日新聞主筆、写真は竹内紀臣】

 ◆外国人障害者らを取材 課題と現状報告

この記事は有料記事です。

残り3153文字(全文3526文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
  2. 準強姦無罪判決のなぜ その経緯と理由は?
  3. 広陵が2回戦進出 河野が3安打完封で八戸学院光星降す
  4. 「亡き友よ 次は甲子園の優勝メダル届けるよ」筑陽学園・西舘投手
  5. 高2自殺の背景に教員らの「いじめ」があった 遺族は強い憤り

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです