メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

暑さ回避拡大 ラグビー、自転車も時間変更 IOC検討

 国際オリンピック委員会(IOC)は1日、東京都内で理事会を開き、2020年東京五輪の暑さ対策として、招致段階の計画から前倒ししたマラソンや競歩のスタート時間をさらに早めるなど複数の競技で時間帯の再検討を始めた。消耗の激しいラグビーなどは熱中症の危険性が高まる正午前後の時間帯を避ける。2日で開幕まで600日と迫る中、IOCも本格的な対策に踏み切った。【倉沢仁志、田原和宏】

 当初計画で東京は「温暖で、アスリートに理想的な気候」と記されていたが、7月発表の競技日程でマラソン…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです