メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪文化プログラム、障害者支援進む

聴覚障害者向けのヘアピン型の機器。髪の毛につけると振動が伝わってくる=主催者提供

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて国内各地で実施する文化プログラムを視野に、障害者の参加をサポートする取り組みが進んでいる。10月には花火、11月には和太鼓の公演を特殊な機器やアプリを通じて体験してもらう試行イベントが開かれた。東京大会を契機に、競技観戦だけではなく文化の祭典でもバリアフリー化の促進が期待される。

 毎年夏に開催される「全国花火競技大会」(大曲の花火)で知られる秋田県大仙市では、10月に障害者も楽…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 定員割れ神戸・楠高 重度脳性まひ男性が2年連続不合格
  2. 他人のカードで1億円引き出し 池袋署が窃盗容疑で女逮捕
  3. 東海大が大野さんとともに卒業式 熊本地震でのアパート倒壊で犠牲に
  4. 「麻生氏に八木山峠は越えさせない」 福岡知事選、気勢上げる自民造反組
  5. 沼田 現金4251万円持ち主名乗り続々 お宝騒動再び

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです