メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪文化プログラム、障害者支援進む

聴覚障害者向けのヘアピン型の機器。髪の毛につけると振動が伝わってくる=主催者提供

 2020年東京五輪・パラリンピックに向けて国内各地で実施する文化プログラムを視野に、障害者の参加をサポートする取り組みが進んでいる。10月には花火、11月には和太鼓の公演を特殊な機器やアプリを通じて体験してもらう試行イベントが開かれた。東京大会を契機に、競技観戦だけではなく文化の祭典でもバリアフリー化の促進が期待される。

 毎年夏に開催される「全国花火競技大会」(大曲の花火)で知られる秋田県大仙市では、10月に障害者も楽…

この記事は有料記事です。

残り566文字(全文778文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  2. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 家も畑も「本当に無くなっちゃった」 「次はすぐ逃げる」 住民ぼうぜん 堤防決壊の千曲川

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです