メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東京五輪の暑さ対策 ラグビーとマウンテンバイクの時間変更 男女マラソンは先送り

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は5日、暑さ対策としてラグビー7人制と自転車マウンテンバイクの開始時間を変更すると発表した。組織委が国際オリンピック委員会(IOC)に前倒しを提案していた男女マラソンは国際競技団体(IF)と調整が付かず先送りした。

     同日まで開かれたIOCとの調整委員会で議論された。ラグビー7人制は20年7月27日から始まり、男女で計6日間実施される。午前中の試合は10時半~11時開始だったが、消耗が激しく熱中症のリスクが高まるため午前中の試合を最大2時間前倒しして午前9時とした。マウンテンバイクは日中の最高気温時間帯を避け午後2時から1時間遅らせた。

     組織委はマラソンの開始時間を午前5時半~6時とするよう提案していた。調整委のコーツ委員長は5日の記者会見で、医療の専門家を集めたIOC作業部会からも同様の提言を受けたとして「選手の健康のためで競技団体は理解している」と調整が最終段階にあることを明らかにした。

     組織委の森喜朗会長も「要望通り進むだろう。IFの手続きを待つだけだ」と話し、年内に決着する見通しを示した。大会関係者によると、公共交通機関への負担などを考慮し、午前6時開始で最終調整をしている。【村上正】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
    2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
    3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
    4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです