メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

バドミントン 奥原希望が日本ユニシスを退社「五輪見据え、個人戦に集中」

奥原希望

 バドミントン女子の奥原希望(23)が5日、日本ユニシスを12月末に退社し、来年1月から個人で活動するとマネジメント会社を通じて発表した。

     マネジメント会社は退社理由について「東京五輪を見据え、個人戦に集中したい」と説明した。東京五輪の出場権は来春から1年間の国際大会の成績で決まる。チームに所属する選手は、国内の団体戦にも出場する必要がある。

     奥原は女子シングルスで、2016年リオデジャネイロ五輪銅メダル、17年世界選手権優勝。日本ユニシスには13年4月に入社した。【小林悠太】

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 猛毒魚、購入者が届け出「食べたが、元気だ」
    2. 危険生物 徳島の磯で猛毒ダコ捕獲 注意呼びかけ
    3. ソウシハギ 猛毒の魚、販売した可能性 三重・大台の食品店
    4. ミナミ拠点の半グレ集団「アビス」リーダーら数十人逮捕 傷害容疑など
    5. バラハタ 他にもいる危険な魚 「珍しい」で食べないで

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです