メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

聖火ルート、迷い道 世界遺産アピール、豪雨被災地復興発信 希望殺到、都道府県が腐心

前回の東京五輪で、大勢の市民が待つ大阪市天王寺区の中継地点に到着した聖火=1964年9月26日

 2020年東京五輪の聖火リレーを巡り、ルートの選定案をつくる都道府県が腐心している。多くの市町村が地域の魅力を発信できると手を挙げるが、都道府県単位で割り当てられた日数は少なく、全てを聖火が回るのが困難なためだ。「なるべく希望をかなえたいが」。大会組織委員会がルートの作成期限とした年末まで厳しい調整が続く。【久保聡】

 国際オリンピック委員会(IOC)は、リレーは聖火を分けずに単独ルートで、と定める。今回の東京五輪で…

この記事は有料記事です。

残り904文字(全文1114文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ロシアメディア、紀平をたたえる 王位は「驚異の日本人に」
  2. ニセコイ 2年ぶり復活 新作読み切り「ジャンプ」掲載へ
  3. 紀平梨花、GPファイナル初優勝 デビューシーズンで制覇の快挙
  4. 東名あおり運転事故、連日審理 状況明らかに 10日求刑公判
  5. 津のGSで灯油にガソリン混入 消防が注意呼びかけ

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです