メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

訪日補助犬に証明書 厚労省が五輪・パラ受け入れ指針

 2020年東京五輪・パラリンピックを控え、厚生労働省は海外からの補助犬使用者に「期間限定証明書」を発行することを決め、国内の補助犬と同様の取り扱いを受けられるようガイドラインを策定した。先月下旬に都道府県に通知し、運用を開始。店舗などで「同伴拒否」が起きないよう求めた。

 02年に施行された身体障害者補助犬法では、盲導犬、介助犬、聴導犬を補助犬と定義。公共施設や交通機関、不特定多数の人が利用する商業施設などに受け入れを義務づけた。一方、海外から日本を訪れる補助犬については、これまで各補助犬団体に判断が委ねられ、統一した受け入れ基準がなかった。

 厚労省は五輪・パラで多くの障害者が国内を訪れることをふまえ、海外の補助犬の統一的な受け入れを検討。…

この記事は有料記事です。

残り486文字(全文810文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「面倒見の良い人」救助ヘリ落下死 女性悼む住民たち

  2. 池袋暴走、時速90キロ超 19日で半年 元院長、書類送検へ 自動車運転処罰法違反容疑

  3. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  4. ナイトスクープ、西田敏行さん降板へ 2代目局長18年

  5. 旧日本軍空母「加賀」発見 ミッドウェー環礁の海底5400m

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです