メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
月刊パラリンピック

パラスポーツからの贈りもの 60歳、走る伝説=越智貴雄

(上)2006年パラ陸上世界選手権で力走するフライ(下)2018年11月に大分国際車いすマラソンに出場したフライは今年、60歳を迎えた=ともに写真家・越智貴雄さん撮影

 車いすマラソンで世界記録となる1時間20分14秒(1999年大分国際車いすマラソン)を持つスイスのハインツ・フライ選手は、私が最も好きな海外選手の一人だ。試合後にどうしても撮影をしたくなり、宿泊しているホテルまで押しかけてしまうこともある。今年はロンドンと大分の大会後に、ホテルの部屋を訪ねたが、彼はいつも温かく迎え入れてくれる。

 フライは車いすマラソン以外にも、自転車やクロスカントリースキーなどにも挑戦し、数多くのメダルを獲得…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文621文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. ペットフードからサルモネラ菌 犬14匹死ぬ、汚染原因は不明

  4. やじ相手に3歳長男を投げつけ容疑 阪神ファン書類送検

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです