メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ボランティア愛称、最終候補4案公表 東京五輪・パラ

東京五輪・パラリンピックのボランティアの愛称案

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会は11日、大会を支えるボランティアらの愛称の最終候補4案を発表した。組織委と東京都は12日からボランティアの応募者による投票を行い、来年1月下旬ごろに決定する。

 4案は、大会を盛り上げるキャスト(配役)との意味を込めた「フィールドキャスト」「シティキャスト」▽成功に導くアンカー(要)であるとの思いの「ゲームズアンカー」「シティアンカー」▽力や勢いを示すフォースにち…

この記事は有料記事です。

残り311文字(全文517文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 意識不明の巡査 手術で快方に向かう 拳銃強奪
  2. 同級生に一方的恨みか 交友でトラブル 名前使って110番 拳銃強奪
  3. 「古瀬がんばれ!!」五郎丸選手が佐賀工ラグビー部後輩の巡査に励ましメッセージ 交番襲撃
  4. 刺された古瀬巡査、高校時代はラガーマン 佐賀工ウイングで花園出場も 交番襲撃
  5. 大阪の警官襲撃・拳銃強奪 33歳男逮捕 防犯カメラ、8キロ追跡 山中、リュック枕に

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです