メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

皆の家にメダル素材 「スマホ、家電、リサイクルを」 新居浜・角野小で公開授業 /愛媛

東京2020マスコットのミライトワ、ソメイテイやパラリンピック銅メダリスト広瀬順子さん(右から2人目)らに囲まれ、回収箱を受け取る児童代表=愛媛県新居浜市の市立角野小で、近藤隆志撮影

 東京2020オリンピック・パラリンピックに向けた「都市鉱山からつくる! みんなのメダルプロジェクト」公開授業が13日、新居浜市立角野小であった。小型家電リサイクルによるメダル作りを進める環境省のリサイクル推進室と東京2020組織委が開いた。

 推進室の担当者は5年生117人に「携帯電話1台から0・05グラムの金銀銅が取れる。家庭に眠る小型家電に含まれる金銀銅は6800トンあり、都市…

この記事は有料記事です。

残り289文字(全文481文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 石破氏、桜を見る会「招待枠あった」 自民の役職在任時 

  2. 和歌山の新図書館、来年4月オープンへ 1階にスタバ、蔦屋書店も

  3. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  4. ORICON NEWS 池田エライザ、胸下ロングヘアで印象ガラリ 「幼く見える」「だれかわからへん」

  5. 「桜を見る会」参加の山口県議ら、ブログ削除相次ぐ

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです