メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

国産でおもてなし 食材供給意向調査、必要量上回る

 政府の東京五輪・パラリンピック推進本部などは14日、47都道府県を対象に実施した2020年東京大会の選手村や競技会場への地元食材供給の意向調査結果を公表した。大会組織委員会が想定した最低限必要な食材量を大幅に上回り、内閣官房は「期待以上の取り組みが進んでいる」と評価している。

 調査は9~10月に実施。組織委の試算では選手村で必要な食材量は200万食分で、主食にすると135トン。都道府県が提供可能とした主食の食材量は1万2486…

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 死刑確定になった控訴取り下げ その「なぜ」 山田死刑囚が記者に答えた 寝屋川中1殺害
  2. ORICON NEWS NGT48加藤美南、不適切な投稿を謝罪「しっかりと反省」 研究生に降格処分も発表
  3. ことば 寝屋川中1男女殺害事件
  4. 突然の幕切れに関係者困惑 「真相解明の道閉ざされた」 寝屋川中1殺害
  5. 「もうどうでもいいと思った」山田被告語る 控訴取り下げで死刑確定 寝屋川中1殺害

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです