メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪

国産でおもてなし 食材供給意向調査、必要量上回る

 政府の東京五輪・パラリンピック推進本部などは14日、47都道府県を対象に実施した2020年東京大会の選手村や競技会場への地元食材供給の意向調査結果を公表した。大会組織委員会が想定した最低限必要な食材量を大幅に上回り、内閣官房は「期待以上の取り組みが進んでいる」と評価している。

 調査は9~10月に実施。組織委の試算では選手村で必要な食材量は200万食分で、主食にすると135トン。都道府県が提供可能とした主食の食材量は1万2486…

この記事は有料記事です。

残り325文字(全文541文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号で浸水の北陸新幹線 120両が心臓部被害で廃車か 被害額は330億円

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです