メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

日本とロシアの懸け橋に フィギュア元露代表の川口さん

現役を引退し、第二の人生を歩み出した川口悠子さん=千葉県船橋市内で2018年11月19日午後0時23分、福田智沙撮影

 フィギュアスケートのロシア代表として活躍した川口悠子さん(37)が第二の人生を歩み出した。昨季限りで現役を引退したが、サンクトペテルブルクにとどまり、プロスケーターとして活動している。2020年東京五輪も念頭に、日本とロシアの懸け橋になる活動も思い描いている。【福田智沙】

 プロスケーターとして出演するのは06年トリノ五輪アイスダンス金メダルのタチアナ・ナフカさんが主宰するアイスショーだ。モスクワやソチなど各地を公演で飛び回り、30人近くで演じる。ミュージカルに仕立てた歌劇「ルスランとリュドミラ」では「猟師の娘役」を演じた。

 現役を離れても銀盤には激しい競争の世界が広がっている。フィギュア王国・ロシアでは数々の五輪メダリス…

この記事は有料記事です。

残り609文字(全文924文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  2. 東京消防ヘリ 福島・いわきで救助中、誤って70代女性落下し死亡

  3. 路上生活者、台風19号の避難所入れず 台東区「住所ないから」

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. リーチ・マイケル主将「台風で亡くなった人たちの家族に勇気与えられたと思う」

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです